シンガポールでF1GPを観戦

F1GPだけじゃなく観光も楽しむなら

F1観戦に観光も加えて延泊アレンジも可能なツアー

いろいろなプランが設定されている観戦ツアー

シンガポールはマレー半島の最南端にある国で現在は観光立国として訪れる人が増えています。日本からは飛行機で7時間くらいで、時差も約1時間と海外旅行にしては気軽に行けるという点で人気の国となっています。この国に行ったことがない人でもテレビや雑誌で見たことがある観光地も数多くあります。この有名な国では子どもから大人まで楽しめる施設もたくさんありますが、最近は毎年シンガポールでF1GPが開催されています。この観戦のためのツアーを設定している旅行会社では好みに合ったプランを格安の金額で提供してくれています。観戦には好きなスタンド席が選べて、観光も加えるなら延泊などのアレンジもお任せすることができるようです。

開催されているF1GPの観戦は夜のレースとなっています。開催期間は2019年9月20日から22日までです。シンガポールに行くのに雨季などの突然のスコールを除けばそれほどお天気の心配は必要ありません。この時期に観戦するときの服装は半そでのシャツを準備するといいでしょう。夜はF1GPの観戦をして、レースのない昼間は観光という予定を立てる人が多いようですが、そのときに出かけるには日本人の建築家のデザインで有名な大観覧車や広い敷地を持つ植物園や柵を設けないことで有名な動物園などがお勧めの名所となっています。シンガポールの面積は決して広いわけではないので、比較的短い時間での移動が可能です。ですから、その気になれば数多くの観光地を訪れることができます。

提示されたプランを参考にできる見積もり

この旅行会社のツアープランは基本的に受注企画を行う旅行となります。これは、ホテルの宿泊とレースの観戦券をオーダーメイドするという形です。この場合航空券は申込者で手配することが原則となります。もちろん希望があれば手配は可能です。この旅行会社ではホテルのグレードや食事の有無などいろいろな日程のモデルを提示してくれています。旅行代金ももちろん確認できるので、それを見ながら自分の旅行の日程を決めることができます。夜の観戦なら昼間に時間がたくさんあるかもしれません。せっかくの海外旅行なので、無理のない範囲で最大限楽しめるように予定を立てることも可能です。加えてモデルとなっているプランは空港の場所も羽田以外の福岡や名古屋などがあるので自宅の場所によっても選ぶことができます。観戦ツアーは現地での集合、解散になりますが、ホテルのチェックインや空港での手続きなどは日本語ができる係員が同行してくれるので安心して出かけることができるでしょう。

人気記事ランキング